マインドフルネス 「微笑(ハーフスマイル)」と「受け入れる手(ウィリングハンド)」で穏やかな日常を手に入れる

もとブログ

この記事は広告・プロモーションを含んでいます

「微笑(ハーフスマイル)」と「受け入れる手(ウィリングハンド)」を身につけましょう

マインドフルネスの手法の中で「微笑(ハーフスマイル)」と「受け入れる手(ウィリングハンド)」というものが有ります。

これは、うつ病になって、さまざまな苦悩が襲ってくるとき、それに耐えて、気持ちを落ち着けるための手段として、とても有効です。

微笑(ハーフスマイル)の手法について

まず、微笑(ハーフスマイル)について説明したいと思います。

これは、微笑(ハーフスマイル)をすることによって、苦痛の心が落ち着き、穏やかになるための方法です。

心が苦悩に襲われているとき、微笑をしようとすると、ひきつった笑顔になってしまいます。これですと効果が有りませんので、まず、顔の筋肉をリラックスさせなければなりません
頭の上からあごの先まで、リラックスさせます。もし、こわばっているようでしたら、いったん顔の筋肉に力を入れ、それから緩めるようにします

顔の筋肉が緩んだら、左右の口角をすこし上げます。そうすると、顔の表情は、微笑しているようになります。

微笑の表情をしながら、穏やかな表情になっていることを意識します。そうすると脳が穏やかになって行きます。

しだいに心が安定してくることが、実感できるでしょう。

「受け入れる手(ウィリングハンド)」とは

もう一つ、「受け入れる手(ウィリングハンド)」について説明します。

これは、マインドフルネスの中心である、すべてを受け入れます、という考え方を体で表すものです。

まず、椅子に腰を下ろして、体の力を抜きます。そして、膝か太腿に手を置きます。手は外側に回転させて、手は握らずに、手の平を上に向けます

手の平から指の先まで、力を抜き、リラックスさせます

これは、立ったままでもできます。まず立ったまま、腕は下におろし、力を抜きます。このとき、多少ひじが曲がっても問題ありません。手を外に回し、手の平が上に向くようにします。手の平から指先までリラックスさせます。

手の平は脳とつながっています。あらゆる出来事、すべてを受け入れることで、心が穏やかになって行きます。

これらの手法は、普段の練習が重要

この「微笑」と「受け入れる手」は、急激な感情の変化が起こったときに有効なのですが、普段、練習することによって自分でコントロールできるようになります

まずは、朝起きたらやってみましょう。朝起きたら、ゆっくりと呼吸をし、それから、微笑をしてみましょう。それから、受け入れる手もやってみましょう。

いつでも、気が付いた時に微笑をしてみることも良いでしょう。特に、イライラしていることに気付いたときには、微笑をして、受け入れる手もしてみましょう。いらいらした気持ちが、穏やかになって行きます。

嫌な気分からの解放

このように、「微笑」と「受け入れる手」を身につけることによって、イライラしたり落ち込んだり、または、激しい感情が襲って来たりしたときに、自分の気持ちをコントロールして、穏やかな気持ちになれます。
ぜひ、「微笑(ハーフスマイル)」と「受け入れる手(ウィリングハンド)」を練習して身につけていただければ、これまでコントロールできなかった嫌な気分から解放されていくことでしょう。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました